<!DOCTYPE HTMLPUBLIC "-//W3C//DTD HTML 4.01 Transitional//EN">
<HTML>
<HEAD>
<TITLE>Carp studio◇ステンドサンタカープ工房◇</TITLE>
<META name="robots" content="index,follow">
<META name="keywords" content="ステンドグラス,カープ,工房,クリスマス,八王子,めじろ台,手作り,教室,販売,オンラインショップ">
<META http-equiv="Content-Type" content="text/html; charset=SHIFT_JIS">
<META http-equiv="Content-Style-Type" content="text/css">
<META name="GENERATOR" content="IBM WebSphere Studio Homepage Builder Version 9.0.0.0 for Windows">
<LINK rel="stylesheet" href="table.css" type="text/css" id="_HPB_TABLE_CSS_ID_">
</HEAD>
<BODY bgcolor="#c0c59a" link="#ffffff" vlink="#0000ff">
<DIV align="left">
<TABLE border="0" height="5782">
<TBODY>
<TR>
<TD valign="middle" align="left" width="867" height="5684">
<TABLE border="1" cellspacing="0" cellpadding="2" id="_HPB_TABLE_1_A_121231221047" class="hpb-cnt-tb1" width="790">
<TBODY>
<TR>
<TH class="hpb-cnt-tb-th1" width="800" height="60">
<TABLE width="779" border="0" cellspacing="0" cellpadding="0" class="hpb-head" id="_HPB_LAYOUT_H" height="216" bgcolor="#336633">
<TBODY>
<TR>
<TD align="center" valign="middle" class="hpb-head-cell1" bgcolor="#336633" height="212" width="510"><FONT color="#ffcc99" size="+1" face="Arial CE"><FONT size="+2"><BR>
ステンドグラス制作・修理・施工・販売・教室</FONT></FONT><BR>
<IMG src="logo111.gif" width="476" height="136" border="0" alt="ステンドサンタ スタジオ "><BR>
<FONT color=#ffff33><B><FONT
color=#ffff66>ステンドサンタは、1987年に専門工房から始めました。</FONT></B></FONT></TD>
<TD align="right" valign="middle" class="hpb-head-cell2" height="212" width="249">
<TABLE border="0" cellspacing="0" cellpadding="0" class="hpb-head-tb1" bgcolor="#336633">
<TBODY>
<TR>
<TD align="right" valign="middle" class="hpb-head-tb1-cell2" bgcolor="#336633" width="263" height="233"><IMG src="santa1.gif" width="187" height="197" border="0">    &nbsp;</TD>
</TR>
</TBODY>
</TABLE>
</TD>
</TR>
</TBODY>
</TABLE>
</TH>
</TR>
</TBODY>
</TABLE>
<TABLE border="0" width="100%">
<TBODY>
<TR>
<TH align="left">
<TABLE width="766" border="0" cellpadding="0" cellspacing="0" class="hpb-hmenu1" id="_HPB_LINK_MENU_TABLE_01" bgcolor="#ffffcc" height="18">
<TBODY>
<TR align="center">
<TD height="18" class="hpb-hmenu1-hil" bgcolor="#ffffcc" width="92"><FONT color="#0000ff" size="3" face="DF中太丸ゴシック体"><A href="index.html">ホーム</A></FONT></TD>
<TD class="hpb-hmenu1-hil" bgcolor="#ffffcc" width="93"><FONT color="#0000ff" size="3" face="DF中太丸ゴシック体"><A href="new.html">New</A></FONT></TD>
<TD class="hpb-hmenu1-idle1" bgcolor="#ffffcc" width="96"><FONT color="#0000ff" size="3" face="DF中太丸ゴシック体"><A href="order.html">注文制作</A></FONT></TD>
<TD class="hpb-hmenu1-idle1" bgcolor="#ffffcc" width="92"><FONT color="#0000ff" size="3" face="DF中太丸ゴシック体"><A href="work5.html">施工</A><SPAN class="f12"></SPAN></FONT></TD>
<TD class="hpb-hmenu1-idle1" bgcolor="#ffffcc" width="100"><FONT color="#0000ff" size="3" face="DF中太丸ゴシック体"><A href="repair.htm"><SPAN class="f12">修理</SPAN></A></FONT></TD>
<TD bgcolor="#ffffcc" width="89"><FONT color="#0000ff" size="3" face="DF中太丸ゴシック体"><A href="class.html">教室</A></FONT></TD>
<TD width="85"><FONT color="#0000ff" size="3" face="DF中太丸ゴシック体"><SPAN class="f12"></SPAN><A href="work.html">作品</A></FONT></TD>
<TD width="85"><FONT color="#0000ff" size="3" face="DF中太丸ゴシック体"><A href="mailto:gary@std-santa.jp?Subject=ステンドグラス問い合わせ">Mail</A></FONT></TD>
<TD width="96"><FONT color="#0000ff" size="3" face="DF中太丸ゴシック体"><A href="link.html"><SPAN class="f12"></SPAN>リンク</A></FONT></TD>
</TR>
</TBODY>
</TABLE>
</TH>
</TR>
</TBODY>
</TABLE>
<FONT size="+4" color="#0000ff" face="DFG優雅宋W7">ステンドグラス修理例 </FONT><FONT size="+3"></FONT><FONT size="+2" color="#000000"><BR>
<BR>
このサイトをご覧なさった方々様へ・・・ <BR>
近年・・・ステンドグラスの修理が増えてきました。<BR>
弊社(工房)では、完全修理をめざして日々研究と技術向上をめざしております。<BR>
どんな作品でも復元できるように頑張りますので、ご一報お待ちしています。<BR>
工房では、敏速!丁寧!安く!を基本としていますので、少しでも多くのステンドグラスの救済にお役に立てればと努力しております。<BR>
<BR>
<FONT size="+1">最近はこんな問い合わせから、簡単に見積りがわかります。<BR>
<BR>
お客様:「縦横○○cm位のステンドグラス修理の予算を教えてください?」<BR>
弊社:「写真で修理する部分の拡大と光を透した部分と全体の最低3枚とサイズを教えてください?」<BR>
弊社:「お客様から写メ−ルされた画像を見ながら、返信メールかお電話でお答えいたします(⌒▽⌒</FONT>)v<BR>
<BR>
</FONT><FONT size="+1" color="#000000">※フリーメールやタイトル無のお問い合わせはフィルター削除される場合がございます。<BR>
 2日たっても連絡ない場合はお電話お願いします。<BR>
 写真が送れない場合は画素数(0.5M以下)を小さくするか、CC送信おねがいします。<BR>
 それでも送信できない場合は、gary.na@me.com迄おねがいします。<BR>
</FONT><FONT size="+2" color="#000000"><BR>
(許可済みの作品です)その他、多数!<FONT size="+1">2013年1月1日</FONT></FONT><FONT color="#000000">更新</FONT><BR>
<FONT color="#000000">とりあえず、お電話ください。 TEL・042-638-8858 携帯 090-3538-7424<BR>
</FONT><BR>
<TABLE border="1" width="803" height="3865" bgcolor="#ffa042">
<TBODY>
<TR bgcolor="#ff8000">
<TD align="left" width="382" height="312" bgcolor="#ffa042"> <IMG src="P7210056-2111.jpg" width="160" height="192" border="0" align="top"> <BR>
 <FONT size="-1" color="#000000"><BR>
 室内ドアのガラス破損部分修理例1:<BR>
 ★今回の破損の原因は、ドアの開け閉めが乱暴だった為に左上の部分に力 が加わってしまったのが原因。</FONT></TD>
<TD align="left" width="386" height="312" bgcolor="#ffa042">   <IMG src="003-2jpg111.jpg" width="200" height="191" border="0" align="bottom"> <BR>
<FONT color="#000000"> </FONT><FONT size="-1" color="#000000"><BR>
 修復後のドア:<BR>
 ★こちらのお宅は、お子様が元気に開け閉めしないように親子さんが話されて いました。 (^−^);  修理代 約2万円</FONT></TD>
</TR>
<TR>
<TD height="128"> <IMG src="P10303291.jpg" width="160" height="213" border="0"> <IMG src="P11209911.jpg" width="160" height="213" border="0"><BR>
<BR>
<FONT size="2" face="メイリオ" color="#000000">★イタリアコメカ社製で、2000年前後にマイキャスル系マンションに施工された物件が多いです。気圧や部屋の温度差や風圧や金属疲労による</FONT><FONT color="#000000" size="2">原因でガラスが飛び出すことがあります。</FONT></TD>
<TD height="128"> <IMG src="P10405871.jpg" width="160" height="235" border="0"> <IMG src="P1130072a1.jpg" width="160" height="239" border="0"><BR>
<BR>
<FONT size="2" color="#000000">★飛出し修理は、工房に持参して頂くか引取りに行きもちかえります。工房にて修理して納品します。この時にフレームを磨くと(オプション)新作当時に復元できます。 修理代:約3万円〜  お取引/納品別途</FONT></TD>
</TR>
<TR>
<TD width="382" height="206"> <IMG src="P21400221.jpg" width="144" height="217" border="0">  <IMG src="P21400241.jpg" width="152" height="213" border="0"><BR>
<BR>
<FONT size="-1" color="#000000"> 室内ドアの破損修理例2:<BR>
 ★このドアは、室内掃除の時に掃除機があたり割れてしまったそうだ。<BR>
 数箇所にヒビが有った為、ドアごと外して工房に持ち帰り修復して取り付けた。</FONT></TD>
<TD width="386" height="206"> <IMG src="P22500061.jpg" width="160" height="213" border="0">  <IMG src="P22500071.jpg" width="160" height="213" border="0"><BR>
 <FONT size="-1" color="#000000"><BR>
 修復後のドア<BR>
 ★約1週間で元に戻りました。<BR>
  修理代 約3万円<BR>
</FONT></TD>
</TR>
<TR>
<TD><FONT size="-1"><BR>
<IMG src="P10202101.jpg" width="175" height="272" border="0"> <IMG src="P10200131.jpg" width="160" height="270" border="0"><BR>
<BR>
</FONT><FONT size="-1" color="#000000"> 室内ドアのガラス破損部分修理例3:<BR>
</FONT><FONT size="-1" color="#ff0000"> ★このドアは、修理の依頼が急増しています。</FONT><FONT size="-1" color="#000000"><BR>
 ★数年で半田溶接部分が弱くなり歪んだりして来ています。<BR>
 又、体が当たって割れたり、引越家具が当たり割れたり・・・<BR>
 取り扱い注意してください。<BR>
</FONT></TD>
<TD><BR>
<IMG src="P10201271.jpg" width="180" height="268" border="0">  <IMG src="100913_1537~011.jpg" width="159" height="264" border="0"><BR>
<FONT size="-1" color="#000000"><BR>
 修復後のドア<BR>
 ★約2週間で元に戻りました。<BR>
  修理代 約3万5千円</FONT><BR>
<BR>
</TD>
</TR>
<TR>
<TD><BR>
 <IMG src="2009101508290001.jpg" width="160" height="213" border="0"> <IMG src="2009101508260001.jpg" width="160" height="213" border="0"><BR>
 <BR>
 <FONT size="-1" color="#000000">玄関ドアのステンドグラスを破損部分修理例4:<BR>
<BR>
 「玄関ドアを外して、数日ドア無しにできない!・・・<BR>
 その場で修理してほしい」<BR>
<BR>
 お客様の要望を聞き、玄関前で即日修理が出来る方向で準備して、<BR>
 天候の良い日に部分修理いたしました。(汗;)<BR>
 ※通常は、工房に持ち帰り修理するのが一般です。</FONT><FONT color="#000000"><BR>
</FONT><BR>
</TD>
<TD> <IMG src="P10608821.jpg" width="160" height="213" border="0"><BR>
<BR>
<FONT size="-1" color="#000000"> 修復後のドア</FONT><FONT color="#000000"><BR>
 </FONT><FONT size="-1" color="#000000">アメリカ製(シンプソン社)の輸入ドアで、オーナーのお気に入り<BR>
 木枠を外し、白いペンキ部分も丁重に。。。<BR>
<BR>
 1日日帰り出張費+修理代=約5万円 (横浜市内)<BR>
 <BR>
 ※地域によっては、出張費が変わります。<BR>
  1日で終了しない場合いは、加算されます。 </FONT><FONT color="#000000"><BR>
</FONT></TD>
</TR>
<TR>
<TD height="41"><FONT
size=-1><BR>
<IMG src="P10204171.jpg" width="176" height="212" border="0">  <IMG src="P102042311.jpg" width="160" height="213" border="0"><BR>
<BR>
</FONT><FONT size="-1" color="#330000">ステンドグラスと家具修理例<BR>
<BR>
ヨーロッパで作られた、アンティーク家具にステンドガラス使用<BR>
アールの扉で凹んでしまった。</FONT></TD>
<TD height="41"> <IMG src="P102042911.jpg" width="160" height="213" border="0">  <IMG src="P10204301.jpg" width="160" height="213" border="0"><BR>
<BR>
<FONT
size=-1> </FONT><FONT size="-1" color="#330000">修理方法<BR>
 解体後に平らなパネルに組み直して、凸凹部分を伸ばしアールドアの<BR>
 溝にゆっくり差し込んで修復終了<BR>
 修理代 約4万円</FONT></TD>
</TR>
<TR>
<TD align="left" width="382" height="433"> <IMG src="P10303721.jpg" width="300" height="225" border="0"> <BR>
<BR>
<IMG src="P10303731.jpg" width="160" height="120" border="0"><BR>
<BR>
<FONT size="-1" color="#000000">フロアランプの修理:<BR>
★引越しの際に取り扱い不十分の為30数箇所にヒビ割れと剥脱。  <BR>
★破損部分を同等のステンド用ガラスと交換して全体を磨き完成!</FONT><FONT color="#000000"><BR>
</FONT><FONT size="-1" color="#000000"> 修理代 約¥3万3千円 </FONT><BR>
</TD>
<TD align="left" width="386" height="433">    <IMG src="lamp.jpg" width="300" height="229" border="0" align="top"><BR>
<BR>
<FONT size="-1" color="#000000">食卓用の吊りランプ:<BR>
★ランプ修理で多いのは、このタイプで、発熱球の電球の熱によってリング部分の半田が剥がれやすくなり、離脱した。<BR>
 修理代 約1万円</FONT></TD>
</TR>
<TR>
<TD colspan="2" valign="bottom" height="218"> <IMG src="P10006581.jpg" width="160" height="120" border="0">  <IMG src="P10006601.jpg" width="160" height="120" border="0">  <IMG src="P100066211.jpg" width="159" height="120" border="0" align="bottom">  <IMG src="P10006681.jpg" width="160" height="120" border="0"><BR>
<FONT color="#000000"> </FONT><FONT size="-1" color="#000000">グースネックランプの修理:<BR>
★変形の8面ランプを落下破損してしまった。10数か所で絶望的だった。(>_<;)<BR>
★割れた箇所を全て外して、似た風合いのステンドガラスを型に合わせてカットして半田で組み合わせた。<BR>
 修理代 約1万5千円</FONT></TD>
</TR>
<TR>
<TD colspan="2" align="left" height="203"> <IMG src="pic41.jpg" width="196" height="146" border="0">  <IMG src="n21.jpg" width="171" height="146" border="0">  <IMG src="n3.JPG" width="136" height="183" border="0" align="top">  <IMG src="PA190016-2.JPG" width="148" height="183" border="0" align="top"><BR>
<FONT size="-1" color="#000000">珍しい作品です・・テファニーバレーランプシェードの修理<BR>
★ランプベースが重い為に転倒時に、トップのリング部分から下にかけて剥がれてしまった。<BR>
★ ガラスを接着するコパーテープも損傷してしまった。 半田はかなり厚めに盛っていて補強も入っていた。 <BR>
★リングにしっかり付いていない為、垂れ下がってしまった。女性像が隠れてしまっている。 <BR>
★ 修復後のテファニーバレーランプシェードも正常位置に戻り女性像も見えるようになった。 <BR>
 修理代 約5万円</FONT><FONT color="#000000"> </FONT></TD>
</TR>
<TR>
<TD align="left" width="382">  <IMG src="P9100001-2JPG.jpg" width="303" height="227" border="0">   <BR>
<BR>
<FONT size="-1" color="#000000"> キッチン窓の破損ガラスの修理・工事:<BR>
 ★ヨーロッパの手造りガラスの作品パネル。<BR>
 ★キッチン窓の隣りから小石が弾けて、ヒビが入ってしまった。<BR>
 ★幅広の為、取り外しにも気配りが必要だった。<BR>
 ★外壁のハツリ工事も必要だった。</FONT></TD>
<TD align="left" width="386">  <BR>
<BR>
 <IMG src="DSCF00251.jpg" width="160" height="120" border="0">  <IMG src="DSCF00331.jpg" width="160" height="120" border="0"><BR>
<BR>
 <IMG src="DSCF00211.jpg" width="160" height="120" border="0">  <IMG src="DSCF00241.jpg" width="160" height="120" border="0"><BR>
  <BR>
<FONT size="-1" color="#000000">★修復後は、外側にフロートガラス(国産のクリアガラス)を重ねてペアにした。<BR>
★キッチンFIX窓の為、防水工事も兼ねて行った。<BR>
  修理工事代 約15万円<BR>
</FONT></TD>
</TR>
<TR>
<TD width="382" height="11"><FONT size="-1" color="#000000"><IMG src="110225_100436.jpg" width="182" height="324" border="0">  <IMG src="110225_101132.jpg" width="180" height="320" border="0"><BR>
<BR>
<IMG src="P11309601.jpg" width="179" height="134" border="0"> <IMG src="P11309541.jpg" width="185" height="138" border="0">  <BR>
</FONT><FONT size="3" color="#000000"><BR>
★約40年間お店の看板的な存在で使用されている、アメリカ製のクラッシックなパネル。たばこのヤニや酸化されたガラスは汚れ、鉛線は腐り始めて下側の場所に重みが重なり破れてり飛び出したり・・・と危機状態です。<BR>
<BR>
幅90×高さ175cm位の作品にライトボックス使用<BR>
</FONT><FONT size="-1" color="#000000"><BR>
</FONT></TD>
<TD width="386" height="11"><IMG src="P11401461.jpg" width="160" height="120" border="0"> <IMG src="P11401441.jpg" width="160" height="120" border="0">  <IMG src="P11309661.jpg" width="160" height="120" border="0"> <IMG src="P11401491.jpg" width="160" height="120" border="0"><IMG src="P1140151a1.jpg" width="160" height="120" border="0"> <IMG src="P11401531.jpg" width="160" height="120" border="0"> <IMG src="P11401551.jpg" width="160" height="120" border="0"> <IMG src="P11401631.jpg" width="160" height="120" border="0"><BR>
<BR>
<FONT color="#000000">ガラスもへし折れたりヒビ割れしたり・・40年間の汚れを1枚づつ洗浄して新しく鉛線を交換し背景にはデザインに影響与えないように金属補強棒を付けてリメイクしました。<BR>
<BR>
 修復費用 約10万円 期間約1ヶ月</FONT><BR>
<BR>
  </TD>
</TR>
<TR>
<TD width="382" valign="top" align="left" height="1047"><IMG src="P10101211.jpg" width="166" height="120" border="0"><IMG src="P10101221.jpg" width="148" height="120" border="0"><BR>
<BR>
<FONT size="-1" color="#000000">アンティーク風家具のステンドパネル修理例1:<BR>
★部屋の雰囲気にと・・取り入れたアンティーク風家具のサイドボードにお子様がボールをあてて割ってしまった。古さを保存しながらの修復だった。<BR>
 修理代 約8千円</FONT><BR>
                                        <IMG src="P10200981.jpg" width="160" height="213" border="0">  <IMG src="P10201001.jpg" width="160" height="120" border="0">            <BR>
<FONT size="-1" color="#000000">アンティーク風家具のステンドパネル修理例2:<BR>
★アンティーク風家具のサイドボードを利用して本棚にしていました。<BR>
が、角が当たり割れてしまった。<BR>
</FONT><FONT size="-1"><BR>
 <IMG src="P10201011.jpg" width="146" height="110" border="0">  <BR>
<BR>
</FONT><FONT size="-1" color="#000000">古いネジで扉の蝶番を付けている為、慎重に外して<BR>
修理後又取り付けします。<BR>
<BR>
 修理代 約8千円</FONT><FONT color="#000000"> </FONT><BR>
<BR>
<IMG src="P10103491.jpg" width="134" height="178" border="0">   <IMG src="P10103511.jpg" width="132" height="177" border="0"><BR>
<BR>
<FONT color="#000000">ガラスオブジェの修理:<BR>
イタリアで買われて、日本に届けられたら一輪車のピエロ(左写真)が脱落していた。特殊な紫外線硬化型接着材で復元して完成。  修理代:約1万円</FONT></TD>
<TD align="left" width="386" height="1047"><FONT color="#000000"> アンティーク絵付けパネルの修復</FONT><BR>
<BR>
 <IMG src="P10101281.jpg" width="169" height="126" border="0"> <IMG src="P10101351.jpg" width="163" height="121" border="0"><BR>
 <BR>
<FONT color="#000000"> 約80年位前に作られた絵付けのステンドグラスです。<BR>
 骨董品屋さんで購入してから数年放置されていて、かなり鉛線が劣化していて、ガラスピースが飛び出しています。(左上)<BR>
<BR>
完全にバラバラにして、古い鉛線を取替えなくてはなりません。<BR>
1ピースづづの解体と掃除(ケレン)をします。(右上)<BR>
</FONT><BR>
<BR>
<IMG src="P10101571.jpg" width="160" height="120" border="0">  <IMG src="P10101321.jpg" width="160" height="119" border="0"><BR>
<BR>
<FONT color="#000000">割れているピースは忠実に絵付けを再現して、焼き直します。<BR>
(中央左)<BR>
<BR>
全ピースの復元が終了したら、新たな鉛線(ケイム)で組み直します。(中央右)</FONT><BR>
<BR>
<IMG src="P10103941.jpg" width="320" height="240" border="0"><BR>
<BR>
<FONT color="#000000">木枠を装着して完成!! どこへでも設置可能なアイアン(鉄のアーム)を両サイドにつけて更にオシャレになりました。<BR>
<BR>
修理代:18万円<BR>
木枠/アイアン(鉄の脚):4万円<BR>
修理期間:約2ヶ月</FONT><BR>
</TD>
</TR>
<TR>
<TD height="151"> <IMG src="P10406461.jpg" width="160" height="120" border="0">  <IMG src="P10406471.jpg" width="160" height="120" border="0"> <BR>
<BR>
 <IMG src="P10407101.jpg" width="160" height="120" border="0">  <IMG src="P10407121.jpg" width="160" height="120" border="0"><BR>
<BR>
<FONT color="#330000">外国製の逆円柱ランプ(傘たて風)の破損及び変形修理:<BR>
輸送中に衝撃で楕円に変形し、数箇所ヒビ割れしてしまった。</FONT><BR>
</TD>
<TD height="151"> <IMG src="P10407211.jpg" width="238" height="316" border="0">        <BR>
 <FONT color="#330000">修理後のランプ<BR>
 修理代:約8万5千円</FONT></TD>
</TR>
</TBODY>
</TABLE>
</TD>
</TR>
<TR>
<TD></TD>
</TR>
<TR>
<TD align="left" valign="top" height="68" width="867">
<TABLE width="817" border="0" cellpadding="0" cellspacing="0" class="hpb-hmenu1" id="_HPB_LINK_MENU_TABLE_01">
<TBODY>
<TR align="center" bgcolor="#0000cc">
<TD class="hpb-hmenu1-hil" height="26" bgcolor="#ff0000" align="left" width="78"><FONT size="3" color="#ffffff" face="DFG優雅宋W7"><A href="index.html"> ホーム<SPAN class="f12"></SPAN></A></FONT></TD>
<TD class="hpb-hmenu1-hil" height="26" bgcolor="#ff0000" align="left" width="186"><FONT size="3" color="#ffffff" face="DFG優雅宋W7"><SPAN class="f12"><A href="new.html"> What's new</A></SPAN></FONT></TD>
<TD class="hpb-hmenu1-idle1" height="26" bgcolor="#ff0000" align="left" width="180"><FONT size="3" color="#ffffff" face="DFG優雅宋W7"><SPAN class="f12"><A href="order.html">注文・制作</A></SPAN></FONT></TD>
<TD class="hpb-hmenu1-idle2" height="26" bgcolor="#ff0000" align="left" width="139"><FONT size="3" color="#ffffff" face="DFG優雅宋W7"><SPAN class="f12"><A href="repair.htm">修理</A></SPAN></FONT></TD>
<TD class="hpb-hmenu1-idle1" height="26" bgcolor="#ff0000" align="left" width="234"><FONT size="3" color="#ffffff" face="DFG優雅宋W7"><SPAN class="f12"><A href="houki.html"> 通販法の表示</A></SPAN></FONT></TD>
</TR>
<TR>
<TD height="22" bgcolor="#ff0000" align="left" width="78"><FONT size="3" color="#ffffff" face="DFG優雅宋W7"><SPAN class="f12"><A href="shop.html"> Shop</A></SPAN></FONT></TD>
<TD height="22" bgcolor="#ff0000" width="186"><FONT size="3" color="#ffffff" face="DFG優雅宋W7"><SPAN class="f12"><A href="houki.html"> </A><A href="work.html">作品</A></SPAN></FONT></TD>
<TD height="22" bgcolor="#ff0000" width="180"><FONT size="3" color="#ffffff" face="DFG優雅宋W7"><SPAN class="f12"><A href="class.html">教室紹介</A></SPAN></FONT></TD>
<TD height="22" bgcolor="#ff0000" width="139"><FONT size="3" color="#ffffff" face="DFG優雅宋W7"><SPAN class="f12"><A href="link.html">Link集</A></SPAN></FONT></TD>
<TD height="22" bgcolor="#ff0000" width="234"><FONT size="3" color="#ffffff" face="DFG優雅宋W7"><A href="mailto:repair@std-santa.jp?Subject=ステンドグラス修理の件"><SPAN class="f12"> Mail</SPAN></A></FONT></TD>
</TR>
</TBODY>
</TABLE>
</TD>
</TR>
</TBODY>
</TABLE>
</DIV>
<CENTER><FONT color="#004000"><B>Copy right (C) 1998-2013 Stained santa studio. All rights reserved.</B></FONT></CENTER>
</BODY>
</HTML>




ステンドグラス修理・ステンドグラス企画・ステンドグラス注文/制作・
ステンドグラス販売・ステンドグラス教室
                       
ステンドサンタ スタジオ       
Stained Santa Studio
ステンドサンタは、1987年にステンドグラス専門工房で
「カープ工房」から始めました。                
ステンドサンタはステンドグラスを進化させています。
Japanease  English


ステンドサンタスタジオは、めじろ台から3月末に移転いたしました。

ステンドグラス修理例
このサイトをご覧なさった方々様へ・・・ 
近年・・・ステンドグラスの修理が増えてきました。
弊社(工房)では、完全修理をめざして日々研究と技術向上をめざしております。
どんな作品でも復元できるように頑張りますので、ご一報お待ちしています。
工房では、敏速!丁寧!安く!を基本としていますので、少しでも多くのステンドグラスの救済にお役に立てればと努力しております。

(許可済みの作品です)その他、多数!2008年7月3日
  
 
室内ドアのガラス破損部分修理例1:
★今回の破損の原因は、ドアの開け閉めが乱暴だった為に左上の部分に力が加わってしまったのが原因。
    
 
修復後のドア:
★こちらのお宅は、お子様が元気に開け閉めしないように親子さんが話されていました。
   (^−^);  修理代 約2万円
   

室内ドアの破損修理例2:
★このドアは、室内掃除の時に掃除機があたり割れてしまったそうだ。
数箇所にヒビが有った為、ドアごと外して工房に持ち帰り修復して取り付けた。
   
 
修復後のドア
 ★約1週間で元に戻りました。
  修理代 約3万円

 

室内ドアのガラス破損部分修理例3:
★このドアは、修理の依頼が急増しています。
★数年で半田溶接部分が弱くなり歪んだりして来ています。
又、体が当たって割れたり、引越家具が当たり割れたり・・・
取り扱い注意してください。

 

修復後のドア
 ★約2週間で元に戻りました。
  修理代 約3万5千円

 
  



フロアランプの修理:
★引越しの際に取り扱い不十分の為90数箇所にヒビ割れと剥脱。 
★破損部分を同等のステンド用ガラスと交換して全体を磨き完成!

 修理代 約¥3万3千円 
    

食卓用の吊りランプ:
★ランプ修理で多いのは、このタイプで、発熱球の電球の熱によってリング部分の半田が剥がれやすくなり、離脱した。
 修理代 約1万円
       
 グースネックランプの修理:
★変形の8面ランプを落下破損してしまった。10数か所で絶望的だった。(>_<;)
★割れた箇所を全て外して、似た風合いのステンドガラスを型に合わせてカットして半田で組み合わせた。
 修理代 約1万5千円
       
珍しい作品です・・テファニーバレーランプシェードの修理
★ランプベースが重い為に転倒時に、トップのリング部分から下にかけて剥がれてしまった。
★ ガラスを接着するコパーテープも損傷してしまった。 半田はかなり厚めに盛っていて補強も入っていた。 
★リングにしっかり付いていない為、垂れ下がってしまった。女性像が隠れてしまっている。 
★ 修復後のテファニーバレーランプシェードも正常位置に戻り女性像も見えるようになった。 
 修理代 約5万円
 
       

   

   
キッチン窓の破損ガラスの修理・工事:
★ヨーロッパの手造りガラスの作品パネル。
★キッチン窓の隣りから小石が弾けて、ヒビが入ってしまった。
★幅広の為、取り外しにも気配りが必要だった。
★外壁のハツリ工事も必要だった。
★修復後は、外側にフロートガラス(国産のクリアガラス)を重ねてペアにした。
★キッチンFIX窓の為、防水工事も兼ねて行った。
  修理工事代 約15万円


アンティーク風家具のステンドパネル修理例1:
★部屋の雰囲気にと・・取り入れたアンティーク風家具のサイドボードにお子様がボールをあてて割ってしまった。古さを保存しながらの修復だった。
 修理代 約8千円

                                                      
アンティーク風家具のステンドパネル修理例2:
★アンティーク風家具のサイドボードを利用して本棚にしていました。
が、角が当たり割れてしまった。

   

古いネジで扉の蝶番を付けている為、慎重に外して
修理後又取り付けします。

 修理代 約8千円
 

   

ガラスオブジェの修理:
イタリアで買われて、日本に届けられたら一輪車のピエロ(左写真)が脱落していた。特殊な紫外線硬化型接着材で復元して完成。  修理代:約1万円
 アンティーク絵付けパネルの修復

  
 
 約80年位前に作られた絵付けのステンドグラスです。
 骨董品屋さんで購入してから数年放置されていて、かなり鉛線が劣化していて、ガラスピースが飛び出しています。(左上)

完全にバラバラにして、古い鉛線を取替えなくてはなりません。
1ピースづづの解体と掃除(ケレン)をします。(右上)


  

割れているピースは忠実に絵付けを再現して、焼き直します。
(中央左)

全ピースの復元が終了したら、新たな鉛線(ケイム)で組み直します。(中央右)




木枠を装着して完成!! どこへでも設置可能なアイアン(鉄のアーム)を両サイドにつけて更にオシャレになりました。

修理代:18万円
木枠/アイアン(鉄の脚):4万円
修理期間:約2ヶ月

Copy right (C) 2003-2008 Stained santa studio. All rights reserved.